薬膳を知ろう

美容とアンチエイジング

食材の効能を知る

中国伝統医学の理論に基づいて、季節や体調に合わせて作られる料理のことを薬膳といいます。
中国伝統医学は、予防の医学といわれており、現代の医学の、治療の医学との違いがあります。
病気になる前に、病気にならないようにしておく中国伝統医学の理論は、この時代にも魅力のあるものとなっています。
すべての食材には、効能があります。
食材の持つ効能を知り、季節や体調に向いた食材を使用して、料理を作り、よく味わって食べることはとても大きな意味があります。
また、それぞれの食材が、身体のどの臓器や部位に効くのかといったこともわかってきています。
こういったことを知っておくことも、体調に応じて、向いた食材を選べることにつながっていきます。
たとえば、レタスは、肺、肝臓、脾臓等に効能があります。また、カボチャは脾臓や胃にやさしく働きかけます。
さらに、ブロッコリ-は、肝臓、脾臓、腎臓に、トマトは肝臓、脾臓、胃に効果があります。
ストレスや食べ過ぎなどで、胸焼けがしている場合には、胃にやさしく働きかけるカボチャやトマトなどをとり入れた料理をして食べると、効果があります。
薬膳料理をする際に気をつけることは、同じ食材ばかり使用をしていると、その食材が臓器を痛めることがあります。
臓器に働きかけすぎで、その臓器を痛めることがあるということを覚えておくと、病気の予防につながります。
また、食材には、温性食品と涼性食品、さらにはどちらにも属さない平性食品があります。
たとえば、冷え性が気になる場合には、温性食品をとるようにします。
カボチャやニンニク、ネギ、ショウガ、シソ、さらには唐辛子やコショウ等の香辛料は身体が温まります。また、牛肉、羊肉、鶏肉やウナギ、マグロ、鯛なども身体を温める食品です。
さらには味噌や酒、ビールも含まれます。
逆に熱がある時や暑い夏などには、涼性食品をとるようにします。
ナスやトマト、キュウリ、ほうれん草やスイカ、バナナ、キウイフルーツ、さらには豚肉や豆腐なども含まれます。

目的に合った食材を選ぶ

薬膳の良さは、目的をはっきりと定めて食材を選び、効能がある料理をすることにあります。
アンチエイジングや美容のため等、自分がどういったことに対して食材をえらび、料理をしたいのかを明確に出来るところが魅力です。
したがって、身体によい食生活が送れることになり、そういった努力をしていることが精神的に安定感を生み、病気にならないような体質になっていきます。
こういったことが薬膳です。